瓦版5!それは溝の口に集う良質HIPHOP組織の宴!!

  • LINEで送る

瓦版5
溝の口、12BUNCHで催される良質HIPHOPイベント、瓦版5が遂に今週末開催されます。イベントの内容はこのフライヤーを見れば一目瞭然!武士道を重んじる侍達が、現代の刀と呼ばれる「テキーラ」を鞘に納め、居合い抜きの如く来客を瞬殺する千客万来空間、、レコードはお盆代わり。。そんな内容がこのフライヤーを見てとれます。。。か?いえ、脳で、肌で、目で、耳で、舌で感じるのです。花粉で散々な目にあっているあなた!もうテキーラアイボンしに来ちゃえば良いよ。あ、ショットガンの方が花粉とれ易いかもね。。つって。兎にも角にも主催者一同相当なテンションと気合いありなので楽しさマックスでお届けしたいと思います。

そもそも瓦版って何ぞや?わたくし一生懸命調べました。Wikipediaのみですが。

瓦版(かわらばん)は、江戸時代、天変地異や大火、心中など時事性の高いニュースを速報性を以って伝えた情報紙のこと。
妖怪出現など(例として大猫参照)、娯楽志向のガセネタもある。街頭で読み上げながら売り歩いたことから、読売(讀賣)ともいう。木版摺りが一般的。また、多くは一枚摺り。絵入りのものなどもあり、幕末期には多く出版された。明治初期までは出版される事があったというが、その後は新聞の登場などにより衰退した。現存する最古の瓦版は大坂の陣を記事としたものである。

瓦版の語源は以下のように諸説あるがはっきりしていない。
・粘土板を用いて刷ったかのような粗悪な出来栄えである
・紙の大きさが瓦と同じくらいである
・河原者が作った
現在では、掲示板の意で用いられることもある。
〜Wikipediaから引用〜

なるほど、古くは現在で言うところの週刊誌的な位置づけなんでしょう。そして現代で用いる場合は掲示板としても意味合いで使うこともあると。ある場所に集う特定の人達に向けた色々な情報が描かれた版ということだそうです。だんだん読めてきました。たくさんの面白い出来事を詰め込んだ、音楽というファッション性の高いカテゴリーで、現代における「版」を人で体現する、そんな「瓦版」の意味を新旧の解釈して良い、そんなイベントなのでしょう。。語源に関しては諸説あるようですが、このイベントからそうであって欲しいのは、「河原者が作った」という説でしょう。なんかピッタリな気がします。そうであったら僕らは、反骨心丸出して今後も挑めるはずです。

そしてかつては瓦版は木版摺りで作られていたとのこと。現代はフライヤーは綺麗に綺麗にデジタル処理で作られています。ですが僕は勝手に想像しています。そのうちこのイベントのフライヤーはルーツを体現するべく、必ず木版摺りで刷られることを。フライヤー作者である、Oraganic FactorのISAMI氏、、彼はやる男です。。

ここまで書き連ねましたが、名付けた由来はオーガナイザーから聞いていないので完全なる想像で書かせてもらいました。うん、そこが怖いところなので、是非次回イベントでどういった意味で名付けたのか、是非聞いてみたいと思います。。。皆さんもお越し頂き一緒に意味を噛み締めましょう。

瓦版が溝の口の「瓦版」に成る前に。。

Time Table

18:00〜 ISAMI
18:35〜 ST-Owaki
19:10〜 Jun
19:50〜 Macky
20:30〜 Organic Factor
20:45〜 Tsunei
21:00〜 KawasakiArtfully LIVE
21:10〜 0-ZN
21:50〜 Lifemaker
22:35〜 Della Togashi

瓦版 vol.5

瓦版5

[Genre]Hiphop
[Date]2013/03/30 Sat
[Open]18:00~
[Charge]1000/2d

[Dj]コバミ♣倶楽部/ISAMI/O-ZN/1008Professor/ST-Owaki/Lifemaker/Della Togashi/DJ Macky/Jun from BJS
[Live]Organic Factor and TSUNEI

[Place]Live House & Bar 12BUNCH in Mizonokuchi~Denen-toshi line~

Lifemaker’s Music





  • LINEで送る

コメントを残す

サブコンテンツ

Links

facebook soundcloud Ustream tumblr myspace

Calendar

2016年12月
« 5月    
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031

このページの先頭へ