トラックメイカーが奏でる溝の口酒場紀行 vol.1

  • LINEで送る

完全に吉田類さんをパクっていますがそんなのは気にしないで下さい。わたくしの地元、溝の口にはかなりの居酒屋があります。そんな店を独断と偏見混じりで色々と食べ歩いた感想を綴りたいと思います。

溝の口中央酒場 とり玉

とり玉の店前
わたくしの好物は焼き鳥なのでしばらく焼き鳥屋を飲み歩こうかと思っています。色々と焼き鳥屋はあるのですが前から気になっていた、提灯が煌煌と照っている焼き鳥屋とおでん屋がミックスされている小さなお店「溝の口中央酒場 とり玉」。場所はちょうど田園都市の高架下、パチンコエスパス本店の道路挟んで向かい側にある小さなお店です。かなり前から気になっていましたがなかなかふらっと入る機会が無かったのですが、つい最近なんとなくサラ〜っと入ってみました。どのくらいサラッとした感覚だったかというと「高橋克也さんですか?」と聴取した警察官くらいサラっとしてました。

中に入ってみると、まず目に入るのが(中に入る前に丸見えですが)ほぼ露天的な立ち飲みカウンターです。ちょっと歩き疲れていたので今回は座れる2階へ。2階もまたこれ、こじんまりとした空間になっていますが昭和のレトロ感が満載の内装なので個人的には居心地が良いと思いました。そしてわたくしが写真で撮った、ちょっと高台にある2人用のテーブルにトライしてみたいです。。。。。一人で、、、、、、、つって。(その画をみたいです。)


最初に出てきたお通しはレタスに黒ごまを和えたものでした。これはね、健康にいいですよ。白ごまでなく黒ごまで和えているのが素晴らしい。ごまの栄養素はセサミンしか分からないですが、これはね、健康に良いですよ。恐らく。。。

「とり玉今日のおすすめ」のメニューに載っていたものは、今回は注文しなかったですが美味しそうなものが目につきます。次回行った時は焼きサバか厚揚げ納豆あたりいきたいですね。(ちょっと写真ぶれてますね。ビール切れで喉カラカラだったから。。。)

通常のメニューもいいところついておりまして僕が好きなものが、、、とりあえず山芋の千切り頼みました。綴るならもっと頼めよって感じですが初回なんでこれしか頼まなかったっす。250円の値段で満足がいくものが運ばれてきました。山芋美味い。これは写真撮ってないな。


焼き鳥とおでんはオール100円なのでま〜頼み易いですね。今回はぼんじり、せせり、ねぎ間、なんこつ、正肉(明太マヨネーズ)注文しました。僕は全て塩です。タレにはいきません。100円の値段を出しても納得のテイスト(ま〜庶民派の味?!なんで満足です)。要は普通ってことです。充分ですよ、庶民のわたくしには。あ、明太は美味いよね。

おでんは写真撮ってないですが大根、コンニャク、はんぺん、たまごを頂きました。おでんも100円ですが、正直、サイズでか過ぎたな〜〜想像超えてたっす。焼き鳥頼んだ後に注文しましたが、一つ一つのネタのサイズがデカイので完全にキャパオーバーしました。出汁は関東風で真っ黒でした。醤油効きまくりな感じですね。大根は真っ黒で味染みていましたが味はあっさりしてました。逆に他のコンニャクとかはあまり、ていうか全然味染みてなかったので残念な感じでした。。ここは焼き鳥だけで良いかな。

ドリンクメニューも最低限の種類を取り揃えていて、溝の口にある普通の飲み屋さんに見えますが、ビックリしたのはトリスハイボールが1杯105円です。ま〜グラスも小さいものですが女性なら喜ばしい価格なのではないでしょうか。恐らく4.5杯飲んだらほろ酔い気分になれる量だと思います。それでもたったの525円ですから。安く、軽く済ませたい方にはかなりお勧めです。強い女性でも10杯飲んでも1,050円ですよ。20杯飲んでも2,100円也。そう考えたら安っ!!

17:00くらいに行ってあまり混んでなかったですが夜はどうなんだろ。また、気軽に飲みたい時はお邪魔します。店員さんの愛想は良かったので気分良く帰れました。ほろ酔いでささっと行くには充分のお店です。

こんな感じで気ままに飲み歩いて不意に記事を載せたいです。不意にね。。写真ももう少し撮って、もう少し綺麗にね。僕は溝の口の吉田類になれるのでしょうか。それともその前に肝臓が召されるのでしょうか。。。

とり玉-溝の口/焼鳥[食べログ]

溝の口中央酒場 とり玉

  • LINEで送る

コメントを残す

サブコンテンツ

Links

facebook soundcloud Ustream tumblr myspace

Calendar

2016年12月
« 5月    
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031

このページの先頭へ